トップページ  | 公演案内

オペラ「光太夫」ロシア公園 毎日新聞に掲載されました。

オペラ「光太夫」ロシア公園が毎日新聞に掲載されました。

"日露の架け橋を(1)半世紀前の声楽家の思いを実現 日本題材のオペラがロシアで初演"
https://mainichi.jp/articles/20181104/mog/00m/030/005000c

オペラ「光太夫」ロシア公園 モスクワのテレビ取材を受けました。

オペラ「光太夫」ロシア公園 モスクワのテレビ取材を受けました。

記事はこちら(ロシア語)

10月30日(火)モスクワのドム・ミュージキで行われる オペラ「光太夫」(大黒屋光太夫の航海記)

2018年 オペラ「光太夫」ロシア・モスクワ公演


1.  実施時期:2018年10月30日(火)~11月2日(金)


2実施場所:

(1)10月30日(火)(メイン公演)19:00 開演

ドム・ミュージキ劇場ホール

https://www.mmdm.ru/ru/events/kodayu-rossiyskaya-odisseya-18-veka
https://www.ru.emb-japan.go.jp/japan2018/jp/event/mo7096-jp.html



(2)11月1日(木) 15:00 開演

モスクワ市立中央教育センター 2030番学校多目的ホール



(3)11月2日(金) 15:00 開演

ロシア国立ボゴリュボフ文化図書館小ホール


事業概要:

本公演は、2018年の日露文化交流年(ロシアにおける日本年)を契機に、日露両国の理解と友好の創出を行うことにあり、2018年10月30日〜11月2日で、小学生からシニア層に至るまで幅広い人的交流を目指し、3会場で上演をいたします。


本公演の題材は江戸時代の蘭学者、桂川甫周(1826-1881)文献「北瑳聞略」に記録された当時の日本とロシア交流の壮大な記録から構成されており、主人公は三重県鈴鹿白子の船頭、大黒屋光太夫です。大黒屋光太夫が漂流苦難の末、女帝エカテリーナ二世の勅許で帰国する物語であるこの題材をもとに、井上靖は「おろしや国粋夢譚」、吉村昭は「大黒屋光太夫」として小説を書き上げていて、前者は映画化もされています。今回公演するオペラは、この題材にインスピレーションを受けた声楽家青木英子(1919-2010)により全編ロシア語で制作され、アゼルバイジャン出身ファルハンク・フセイノフ(1948−2010)が作曲したオペラです。

オペラ形式での公演は、本モスクワ公演が初演となります。


日露交流史は、古くは漂流民の交流から始まり、文学、音楽や、オペラ・バレエ等の舞台芸術、そして絵画・彫刻等の文化交流があります。しかし、両国の懸け橋となる題材がオペラに隠されていることはあまり知られていません。


主催となる「モスクワ・アマデイ音楽劇場」は、芸術監督オレク・ミトロファーノフが率いる、モスクワ市認定の非営利活動文化法人で来日経験も豊富な劇団です。
 そしてこの公演は、国立和歌山大学 観光学部 客員教授 青木義英氏(オペラ「光太夫」著作権所有者)の全面協力を得て、本3回公演について著作使用料無償提供にて上演されます。また、親日で来日経験がある国立ボリショイ劇場や国立モスクワ・ノーヴァヤオペラなどからのゲストソリスト達も共演し、「ロシアにおける日本年」の認定事業、在ロシア日本国大使館との共催で行われます。
また、舞台上の大道具などは日本人の画家や書家の作品を使用し、まさに日露の人的文化交流に相応しい公演といえます。


たくさんの皆さまのご来場を心よりお待ちしております!



公演に関する問い合わせ


①「オペラ光太夫」オフィシャルサイト:http://opera-kodayu.com/jpn/performance.html


②TEL:+7 964(583)03 94(日本語) 10/20〜
   TEL:+7 926(204)30 16(ロシア語)


③Email:takako-h@jd5.so-net.ne.jp

「オペラ光太夫」 チケット Билеты и  ММДМ:

https://www.mmdm.ru/ru/events/kodayu-rossiyskaya-odisseya-18-veka
https://www.mmdm.ru/ru/buy-ticket?eventId=3364



4出演者等

1.芸術監督 オレク・ミトロファーノフ

2.配役等
(1)光太夫 アンドレイ・ブレウス(バリトン)、
(2)エカテリーナ二世 エレーナ・オコリシェバ(メゾソプラノ)
(3)ソフィア エレーナ・セミョーノバ(ソプラノ)  
(4)他モスクワ・アマデイ劇場ソリスト
(5)アマデイ劇場室内オーケストラ



5出演者プロフィール等

1.オレク・ミトロファーノフ(芸術監督)
1963年6月25日、モスクワ市生まれ
1991年ロシア国立舞台芸術大学(RATI-GITIS)の音楽劇場監督科卒業。1990~1993年、チャイコフスキー名称ペルミ国立アカデミーオペラバレエ劇場監督兼演出家およびペルミフィルハーモニー芸術指導者。1996年からモスクワ音楽劇場「アマデイ」芸術指導者、2007年からモスクワ教育センター第2030「未来の学校」監督兼教師。ロシアおよび外国で50以上の演劇を演出。2009年、レフ・トルストイ没後100年記念オペラ「戦争と平和」日本公演、モスクワ・アマデウス劇場版を演出。ロシア国立モスクワ中央教育センターNo,2030「未来の学校」では俳優技術の基礎と創造論理を300人以上の生徒の指導をする。学校側のイニシアチブと援助により「未来の学校」で演劇「私たちのプーシキン」、私たちのチェーホフ」、「舞台の上のスポーツ」「日出づる国日本の四季」その他を演出。
2009年〜2015年、モスクワ音楽劇場「アマデイ」の芸術監督として、和光小学校(東京)、安中市立磯部小学校、羽生市立岩瀬小学校、未来学園専門学校(京都)でマスタークラスを実施。


2.アンドレイ・ブレウス(バリトン)
1971年ロシア生まれ。ロシア国立舞台芸術大学卒業。1995年よりロシア国立ノーヴァヤ・オペラ劇場ソリスト。1999年よりモスクワスタニフラフスキー&ネミロビッチ・ダンチェンコ劇場、ボリショイ劇場のゲストソリストとなる。
2000年にロサンゼルスで開催されたプラシド・ドミンゴ声楽コンクールに入賞。この後、ドミンゴの招きでワシントン・オペラでプッチーニの歌劇「蝶々夫人」のシャープレス、ドニゼッティーの歌劇「ルチア」のエンリーコを歌い、世界のオペラに鮮烈デビュー。アメリカ、ハンガリーをはじめ、数々の国際音楽・オペラフェスティバルに出演。人気と実力を兼ね備える、今ロシアで最も注目されるバリトンの一人。


3.エレーナ・オコリシェヴァ (メゾソプラノ)
ロシア国立ボリショイ劇場ソリスト/ロシア国立モスクワ音楽院教授
モスクワ音楽院大学院に学ぶ。1990 年、東京国際音楽コンクール(民音主催)にて第1位、他べッリーニ国際コンクール(伊)など数々の受賞歴を持つ。1991 年、モスクワ・ボリショイ劇 場ソリストとなる。ボリショイ劇場の海外公演にて重要な役を務めるほか、ロシア国立交響楽団のアメリカ公演でヴェルディ「レクイエム」のソリストを務めるなど活躍。ロシアの作曲家の主要オペラ作品を網 羅しており、これまでにムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」(マリーナ役)「ホヴァンシチナ」(マルファ役)、プロコフィエフ「3つのオレンジへの恋」(スメラルディーナ役)「戦争と平和」(エレン役)、チャイコフスキー「王女イオランタ」(マルタ役)「エフゲニー・オネーギン」(オリガ役)「スペードの女王」(ポリーナ役)など、多数の舞台に出演。また CD もリリースされている。E. スヴェトラーノフ、A. ラザレフら、ロシアの重鎮指揮者とも共演を重ね、20 年以上に渡り、 ロシア最高峰のオペラ劇場で現役歌手として歌い続けている。また演奏活動とともに後進の育成にも積極的に関わり、母校モスクワ音楽院の教授を務めるほか、世界各地でマスタークラスを開催している。


4.エレーナ・セミョーノバ(ソプラノ)
ロシア国立モスクワ音楽院卒業。ゲリコンオペラ劇場ソリスト。2000年オブラスツォーワコンクール1位。2005年ムゼッタ役でパリオペラ座に鮮烈デビュー。2008年カナダオペラ「戦争と平和」でナターシャを歌う。2009年2月ベルリン・コーミッシェオペラ「スペードの女王」にリーザ役でデビュー。その後、同オペラ劇場にリーザ役で出演を依頼され、当たり役となる。
現在、ロシアで人気、実力ともに最も注目されるソプラノの一人。


日本語企画書制作:「モスクワ・アマデイ劇場」日本人ソリスト 平岡 貴子(Takako HIRAOKA)




光太夫(表).jpgのサムネール画像
光太夫(裏).jpg

9月24日(月・祝)の日本とロシア「音楽の架け橋」コンサート

「日露音楽の架け橋」 Vol.5

2018924日(月・祝) 開場:13:30  開演:14:00

皆さま、こんにちは!
「音楽の架け橋」は5回目の開催となりました。
毎年この日は、私たちにとって小さな記念日になっています。
今回のプログラムは3つの部分から構成されています。


1)日本の作家と作曲家であり、親子の間柄である芥川龍之介と芥川也寸志と彼らのロシア文学とロシア音楽に対する熱意。

①D. ショスタコーヴィチ作曲 ジャズ組曲より ワルツ

宮坂花菜 (ヴァイオリン)
ユリヤ・レヴ (ピアノ)

日本の作家である芥川龍之介(1892~1927)はロシアの文学を熟知し、彼の傑作の一つに当たる「鼻」はN. ゴーゴリの同名の作品に刺激を受けて書かれたそうです。
1954年に、芥川龍之介の息子・芥川也寸志(1925~1989)はモスクワを訪れました。彼はショスタコーヴィッチやハチャトゥリアン、それからカバレフスキーとも交流を持ち、ロシアの映画音楽にも大きな影響をうけました。


②N.ゴーゴリ作「鼻」より

阿形深雪 (朗読)
D. ショスタコーヴィチ作曲  
オペラ 「鼻」より
アレクセイ・トカレフ (トランペット) ユリヤ・レヴ (ピアノ)
芥川龍之介作「鼻」より
阿形深雪 (朗読)


③D. カバレフスキー作曲「ペテルブルクの宵」映画音楽より

インプロビゼーション
宮坂花菜 (ヴァイオリン)

1968年には、「日本のうたごえ実行委員会」の40周年を記念して、ソ連では、ロシア語の歌詞が付けられた日本の作曲家による作品集が披露されました。その中には、芥川也寸志の楽曲も含まれていました。


④芥川也寸志作曲/紺谷邦子作詞 「祖国の山河に」 (日本語とロシア語)

平岡貴子(ソプラノ)
ワレンチナ・パンチェンコ (メゾソプラノ)
芥川也寸志作曲/佐藤春夫作詞 「採蓮」「春のをとめ」
芥川也寸志作曲 「パプア島土蛮の歌」
ワレンチナ・パンチェンコ (メゾソプラノ)
ユリヤ・レヴ (ピアノ)


⑤芥川也寸志作曲 ヴァイオリンとピアノのための「バラっタ」

宮坂花菜 (ヴァイオリン)
ユリヤ・レヴ ピアノ)

日本の詩人の作品にロシアの作曲家の音楽を乗せた作品の演奏は「音楽の架け橋」の恒例のものになってきました。今回はワシレンコの「日本のメロディー」です。しかし、残念なことに今回に限っては、作曲家自身が作詞も手がけているので、日本の詩が存在しません。この事態こそが今回の独特的な発想を招きました。私達は、それぞれの歌曲にぴったり合う日本の短歌を見つけ、さらにワシレンコのトランペット協奏曲の第二部も入れることに挑戦しました。前奏と終盤には、ソ連の偉大なトランペット奏者であったティモフェイ・ドクシツェルのために作られた、トランペットとピアノのためにアレンジされた2つの日本の曲が流れます。


2)ロシア人作曲家のセルゲイ・ワシレンコの「日本のメロディー」および、日本の短歌と、トランペットとピアノのために編曲された日本の有名な曲からのオリジナル組曲。

①『トランペットの響きの中に聴こえる、ロシア人作曲家による日本歌曲と短歌の朗読』

瀧廉太郎 // T. ドクシツェル編曲 「荒城の月」
アレクセイ・トカレフ (トランペット)


②S. ワシレンコ作曲 「日本のメロディー」組曲

平岡貴子 (ソプラノ)  
ワレンチナ・パンチェンコ (メゾソプラノ)
阿形深雪 (短歌朗読)


③ S. ワシレンコ作曲 トランペットコンチェルトより第2楽章

中田喜直作曲 // T. ドクシツェル編曲 「雪の降るまちを」
アレクセイ・トカレフ (トランペット)
ユリヤ・レヴ (ピアノ)


3)レフ・テルミンによって発明された楽器テルミンと、日本でその楽器の学校を作り、忘れかけられていたこのロシアの楽器に新しい命を吹き込んだと言っても過言ではない、テルミン奏者の竹内正実。

この楽器は、1919年にロシアの学者・レフ・テルミンによって作られました。そして、100年経った今、世界初の電気楽器となったテルミン(楽器名)は第二の人生を歩み始めています。それは、ロシアでいえば発明者の曽孫に当たるピョートル・テルミンや、日本でテルミンを基にマトリョミンを作りだし、更にはその楽器のみで演奏するアンサンブルも発足させた竹内正実氏のテルミンに対する熱愛のおかげです。

テルミンの演奏 「マトリョミン」
竹内正実 (テルミン)


たくさんの皆さまのご来場をお待ちしています!


音楽の架け橋(表).jpg
音楽の架け橋(表).pdf


音楽の架け橋(裏).jpg

音楽の架け橋(裏).pdf


極東ロシア落語帰国公演会

極東ロシア落語帰国公演会

落語帰国公演表.jpg
落語帰国公演裏.jpg

2月25日(日)ソプラノとピアノによる 「音と追憶」〜音と写真の世界〜
ソプラノとピアノによる 「音と追憶」〜音と写真の世界〜 日時 2018年 2...
「アンドレイの世界」〜歌と演劇と映像で綴るロシア〜 11月26日 公演
「アンドレイの世界」〜歌と芝居と映像で綴るロシア〜...
ソプラノとピアノによる「冬のロシア」コンサート 2月26日(日)開催
ソプラノとピアノによる「冬のロシア」コンサート ~写真とワインを楽しみながら~日...
「夢を翼に乗せて」コンサート vol. 1 2016年 11月3日(木・祝)
〜バイコヌール宇宙基地ソユーズロケット打ち上げ〜日本人宇宙飛行士大西卓哉さんが、...
バレエガラ夢コンサートin群馬 2016年8月14日(日)
ロシアバレエガラ2016.pdf●バレエイリーナ・ペレンマラト・シュミウノフ樺澤...
「シビトゥーニャ第六回コンサート」10月4日(日)東京建物八重洲ホール
10月4日(日)のコンサートのご案内させていただきます。 「シビ...
「ロシアの芸術美」 in 群馬 8月21日
「ロシアの芸術美」 in 群馬出演:*イリーナ・ペレン&マラト・シュミノフ   ...
スプリングコンサート
♪ ママとちびっ子の為の ♪「スプリングコンサート&アロマテラピー」 ...
特定非営利活動法人「ヘラルドの会」のご案内
ヘラルドの会は、1994年4月にロシア文化・文学研究家の藤沼敦子によって設立され...
2014ワールドミュージック・フェスタin日本橋
東日本大震災復興支援・愛の歌華火・夢のコラボレーション歌の力で東北に愛を!みんな...
オペラ「王女イオランタ」
2014年5月に「東京での全幕公演」と「前橋でのハイライト公演」を開催します。...
シビトウーニヤ・第四回コンサート 2014年6月8日(日)14:00~
シビトウーニヤ・第四回コンサートが「ロシアの6月~白夜」と題し、東京建物八重洲...
2013年12月8日 クリスマスの情景「シビトウーニヤ」 第3回コンサート
2013年12月8日 クリスマスの情景「シビトウーニヤ」 第3回コンサート クリ...
2013年1月27日 歌う小鳥たち 「シビトウーニヤ」 第2回コンサート
2013年1月27日 歌う小鳥たち 「シビトウーニヤ」 第2回コンサート ...
2012年9月26日 チャイコフスキー作曲 オペラ"王女イオランタ"
■チャイコフスキー作曲 オペラ「王女イオランタ」 ■高崎シティギャラリー・コアホ...
2012年6月3日 歌う小鳥たち 「シビトウーニヤ」
2012年6月3日「シビトウーニヤ」第一回コンサートのお知らせ。 ...
花色衣コンサート 5月29日(日)開催のご案内
開催日時:2011年5月29日(日)開場:15:00開演:15:30会場:茶房ギ...
レフ・トルストイ没後100年記念 戦争と平和
戦争と平和  原作:トルストイ ロシア語上演、日本語字幕付き 日時:2009年5...
朔太郎へ。 ロシアより愛を込めて ソプラノ・テノールが彩る文学館の秋
日時 2007年 9月22日(土)開場 18:00 開演 18:30 会場 前...
ロシアフェスタin高崎 5月27日
5月27日(日)13:30〜高崎市民文化会館でロシアフェスタを開催します。オペラ...
オペラ「マッチ売りの少女」前橋公演
このオペラは、日本版の新演出で、現在の私たちが直面している「親子の絆」がテーマ...
ロシア国立アンドレーエフ記念
バラライカオーケストラ演奏会 開場:前橋テルサ 11/28【火】 開演 PM6...
チェロ・ソプラノ・ピアノによる室内楽コンサート&ディナーのお知らせ
魅惑のプリマベーラたち チェロ・ソプラノ・ピアノによる 室内楽コンサート&ディナ...
オペラ 王女 イオランタ
チャイコフスキー(1840-1893)晩年の名作! 1892年マリインスキー劇場...
大きくする 小さくする

2030 for japan

日本ユーラシア協会東京都連合会平岡貴子のモスクワ便り

NPO法人「ヘラルドの会」

このページの先頭へ